新潟県電気工事工業組合のブログへようこそ!

本部だより

電気工事会館の5階には書庫があります。

倉庫整理1

扉の向こうは、ファイルであふれていました。

倉庫整理2

B5ファイル用の棚に、A4ファイルを横積み!

倉庫整理3

窓もなく、埃っぽいこの部屋には、めったに人は近づきません。

毎年増える一方のファイルを収納するスペースも、もうほとんどありませんでした。

昨今のコロナ禍の影響で、組合では大きな会議もできない状況でしたので、

「今のうちに何とかしよう!」という局長の鶴の一声の元、6月某日、本部職員総出で

書庫内の全てのファイルを5階から4階の大会議室に、バケツリレーならぬファイルリレーで運び出しました。

「密」を避けて、換気して、、、そんなときに限って、暑い一日だったりして、マスクも服も汗で大変なことに。。。

(運動不足の身体にはハードすぎて、その日は疲労で寝つきが悪かったです。。。笑)

倉庫整理4

運び出した後は、分散して、残す書類と破棄するものに選別、まだ使えるファイルをリサイクルし、ラベルを貼り直したり、

書庫の清掃、収納する棚の高さを調整などを行いました。

「昭和」時代の立派な手書きのファイルがたくさんでてきて、ここでも組合の歴史を目の当たりにしました。

倉庫整理6

そして、疲労も癒えない翌日、

「一気にやってしまおう!」という掛け声で、またリレーでファイルを書庫に戻すことに。

倉庫整理7倉庫整理8

体力が続くか心配でしたが、やってみれば運び出すよりも時間はかかりませんでした。

写真は戻すファイル全てを収めた後です。ご覧の通り、まだまだスペースに余裕があります。

今後、書類を探したり、収納するために「書庫に行く」ストレスが軽減されるに違いありません!

ちなみに、今回の作業はそれでは終わりませんでした。

倉庫整理5

破棄する書類、ファイル等を分別して、まとめる作業が結構な作業量でしたが、

みんなでやると早いですね。結局、とびとびの時間を使って1週間くらいかかりました。

手つかずだった書庫がキレイになったので、よかったです!

組合では、ITを活用した事務の効率化並びに情報伝達の迅速化の推進を更に図るため、平成29年度に総務委員会内にIT部会を立ち上げ、平成30年6月に新規事業として本部と支部間に「WEB会議システム」を導入しました。WEB会議導入の大きな背景として、新潟県は総面積が全国第5位と広く、会議のために一箇所に集まる役員・委員の長時間に及ぶ移動時間の問題がありました。

WEB会議導入時に本部と13支部にWebカメラ、マイク・スピーカーを配布し、委員会等の各種会議の開催、支部への本部理事会中継を行ってきました。

これまでは、本部理事会は出席者数も多いため、新潟市内にある本部に集まって開催していましたが、今回の新型コロナウイルスの影響により一箇所に集まっての会議開催が難しい状況の中、本部理事会もWEB会議で実施することとし、3月26日の理事会は初めてWEB会議での実施となりました。

理事会出席者は理事・監事・事務局の総勢37名、本部と支部合わせて14拠点からWEB会議に参加しました。今後も状況に応じてWEB会議を活用し、スムーズな会議の進行と組合事業の推進に努めていきます。

IMG_5109

6月22日(土)に恒例の青年部支部間交流親善スポーツ大会が小千谷市の「小千谷総合体育館」にて開催されました。第14回目となる今年度は小千谷支部青年部が主管となり、全県下全13支部から93名の青年部会員が集結しました。開会式では、県青年部の大島会長、地元小千谷支部の山本支部長(小千谷支部青年部高橋会長代読)よりご挨拶をいただき、昨年度の新潟大会で優勝した新津支部チームよりトロフィーが返還されました。

トロフィ返還

当日は、支部対抗で、合同の2チームも含めて計11チームで熱戦が繰り広げられました。

今回の種目は「ボッチャ」と「フロアホッケー」、この2競技の総合ポイントによって順位を決定しました。

ほとんどの方が未経験の競技で、平等の条件の中、皆さん優勝を目指して頑張っていました。

ボッチャ(試合) フロアホッケー(試合)

                  ボッチャ競技風景                                   フロアホッケー競技風景

結果は三条支部チームが念願の初優勝を果しました。また、2位は村上・佐渡支部合同チーム、3位は、村上支部チームと十日町合同チームでした。

三条チーム 村上・佐渡合同チーム

                   三条支部チーム                                     村上・佐渡支部合同チーム

 新津・小千谷合同チーム

        新津・小千谷支部合同チーム

熱戦の後は、グリーンパークに場所を移して会員交流会が開催され、75名近くが参加しました。途中、表彰式が行われ、優勝した三条支部チームに県青年部大島会長よりトロフィーが授与されました。

新潟県の青年部会員が一堂に会するこの行事で、今年も多くの仲間と交流を深め、大いに盛り上がりました。

集合写真

最後に、今回の大会では、スペシャルオリンピックス中越ブランチの関係者の皆様に道具や競技の準備、ルール説明、審判に至るまで、運営に対して多大なご協力いただきました。本大会が盛会裏に終わったのも、スペシャルオリンピックス中越ブランチの関係者の皆様のご協力があってこそだと思います。

この場をお借りして、感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

そして、ご参加の皆様、主催いただきました小千谷支部の皆様大変お疲れ様でした。

新潟県電気工事工業組合青年部の令和元年度理事総会が、6月3日電気工事会館に

おいて開催され役員改選の結果、下記の通り選任されました。

会 長ー大島 博(十日町支部)

副会長ー荻荘陽一(新潟支部)

副会長ー本間隼人(三条支部)

副会長ー戸田 稔(柏崎支部)

会 計ー石塚 充(上越支部)

監 事ー高橋重尚(小千谷支部)

監 事ー加藤和宏(魚沼支部)

顧 問ー星野泰助(燕支部)

顧 問ー齊藤卓也(長岡支部)

交流・情報委員長ー三野敏弘(三条支部)

交流・情報副委員長ー本望祐太(新津支部)

経営・技術委員長ー菅原卓也(新発田支部)

経営・技術副委員長ー髙野裕司(村上支部)

理事総会及び懇親会の模様はフェイスブックをご覧ください!
https://www.facebook.com/NDKKseinenbu/

経営企画推進委員会(山本進委員長)主催事業として、平成31年度「電気工事士現場力レベルアップセミナー」を、4月19日(金)に長岡市立劇場、4月25日(木)に新潟ユニゾンプラザにおいて開催いたしました。

本セミナーは、平成22年度から継続開催している電気工事士の方を対象にしたセミナーで、旧名称「電気工事士キャリアアップセミナー」からの開催を含め、今回が9回目の開催となりました。

今年度は、組合員各社より4/19長岡会場20名、4/25新潟会場14名の計34名に受講いただきました。

講師には、埼玉県川越市の「SEEDO」代表 関根康明様をお迎えし、両会場とも午前中は「現場力を養う」、「現場の知識」、午後からは「キャリアアップの方法」、「工事士は現場の営業マン」、「安全管理のすすめ方」、「工事写真に学ぶ」、「これからどうなる!電気工事業」をテーマとして、時折関根講師から受講者への質問も交えながら、現場の知識や今後のキャリアアップやスキルアップのための心構え、安全管理の手法等の現場力を高める知識をわかりやすくご説明いただきました。

IMG_1769  IMG_1750 

                 講師: 関根康明 様                                                     会場風景

受講後に、受講者から回答いただいたアンケートには、「普段、現場の声を聞く事がないので、有意義な時間を過ごせました。」「電気工事のみでなく、建築など他の分野の話が聞けて参考になりました。」「電気工事士としての考え方、心構え等、今後の参考になる事が多数ありました。」等、多くの受講者より大変好評な評価をいただきました。

経営企画推進委員会では、今後も人材育成に関するセミナーを開催していく予定ですので、是非ご参加いただけますようお願い申し上げます。

平成31年3月12日(火)、長岡グランドホテルにおいて経営企画推進委員会(山本進委員長)事業の一環として、「電気工事業活性化懇談会 事業承継の事例(企業組合とM&A)」が開催され、三役、事業委員長、経営企画推進委員、各支部経営委員長並びに組合員より44名が出席しました。

IMG_1367

本懇談会は、電気工事業界を活性化することを目的に年度毎に内容を変えて開催しているもので、今回は「事業承継」をテーマに、セミナーとディスカッションを実施しました。

当日のセミナーでは、第一部として、北陸電々株式会社 代表取締役会長 河内 康志 様より、「企業組合を活用した事業承継について」をテーマに、同業他社の事業を引継ぐために設立した企業組合についてのお話をいただきました。第二部として、株式会社新潟事業承継パートナー 取締役 古川 雅史 様、同社担当部長 上村 敏夫 様より、「M&Aを活用した事業承継について」をテーマに、中小企業事業者のM&Aの事例を紹介いただきました。

また、それぞれのセミナー終了後に、質疑応答とディスカッションの時間を設け、出席者より多くのご質問いただきました。

IMG_1310

                              河内講師

IMG_1360IMG_1344

                          古川講師                                                             上村講師

出席者の方にご回答いただいた懇談会の感想についてのアンケートでは、「企業組合について参考になった」「未来に対する選択肢がいろいろとある事をお聞かせいただいてよかった」等の大変ご好評な感想をいただきました。

懇親会終了後は、講師の方にもご出席をいただき懇親会を開催、盛会裏のうちに今年度の電気工事業活性化懇談会は終了いたしました。

  昨年12月3日(月)、電気工事会館において総務委員会(本間好夫委員長)主催により「中小事業所における経営者・管理者層のための女性活躍推進セミナー(ワークショップ)」を開催しました。

  本セミナーは、女性技術者の活躍の場を広げていくために、これまで男性中心に構成されてきた電気工事業界で、実際に現在電気工事や設計・積算業務に従事している女性社員と、経営者・管理者層として各支部役員等にご参加いただき、女性活躍について考えるきっかけとすることを目的に開催され、当日は女性技術者、支部役員、総務委員、事務局合わせて37名が出席しました。

  当日は、女性技術者の皆様からは、この業界に入ったきっかけや、現在どんな仕事に従事しているのかなどをご紹介いただき、その後、今後女性技術者が活躍していくにはどうすればいいのかについて経営者・管理者層との意見交換が行われました。

  意見交換では、女性技術者からは「一般的には、電気工事は男性がする仕事というイメージなので、女性が入ろうと考えられていないが、実は、電気工事にもいろいろ種類があり、女性の方が向いている仕事もあるので、そこをアピールするべき。」、「女性は、産休・育休を取るため、採用を敬遠される傾向にあるのが現実ではあるが、家事や育児については女性がするものという固定観念もある。女性活躍を推進するのであれば、男性も家事や育児を行えるような雰囲気・体制づくりも必要である。」等の意見が出されました。

  また、経営者・管理者層からは「男女問わず募集をしているが、なかなか応募がない。」、「女性の方が得意な業務内容をアピールしていくことが必要だ。」、「小さな子供を持つ女性社員が、休みを取れるように配慮はしているが、男性社員は育児のための休みをとらないという先入観があった。今後は、男性社員も育児に参加できるような雰囲気作りをしていきたい。」といった意見が出され、皆様それぞれに気づきや、理解を深める機会となりました。

IMG_0134

平成30年11月30日(金)に東京・両国国技館で開催された全日本電気工事業工業組合連合会主催の「第3回電気工事技能競技全国大会(以下、全国大会)」で、東北ブロック・新潟県電気工事工業組合代表の小嶋一彦選手(本間電機工業㈱・三条支部)が金賞・経済産業大臣賞を受賞しました。
小嶋選手は、12月20日(木)に本間好夫社長、当工組の小林功理事長と共に県庁に高井副知事を訪ね、受賞の報告を行いました。
小嶋選手は「今後は後進の育成にも力を入れ、技術を教えて、後輩を金賞に導きたい」と今後の抱負を述べました。

 

H30.12.20 houkoku1

高井副知事に金賞・経済産業大臣賞の受賞報告

 

H30.12.20 houkoku2

高井副知事と記念撮影

全日本電気工事業工業組合連合会主催の第3回電気工事技能競技全国大会(以下、全国大会)が平成30年11月30日(金)、東京・両国国技館で開催されました。
大会テーマに『目指せ頂点 燃やせ熱き魂 競え極限の技』を掲げ、経済産業省、国土交通省、文部科学省、(公社)全国工業高等学校長協会後援のもと、電気工事業界全体の更なるレベルアップを図るとともに業界の存在を広くアピールしました。

 

今大会は、一般の部30名、女性の部5名、さらに全国工業高等学校長協会各ブロックから1名ずつ計9名の高校生による総勢44名が頂点を目指して競技に臨みました。
競技は、前日に実施された学科競技(非公開)と当日実施された技能競技(実技)の総合点で行われました。
技能競技は、選手1名が課題に基づき競技パネル(幅1820mm×高1820mm)に屋内配線を想定し、100V並びに200V工事で金属配管工事、合成樹脂管工事(LAN・電話配線工事・住宅警報器工事)を制限時間内(一般180分・女性150分・高校生120分)に施工するというもの。

 

学科競技と技能競技も含めた審査の結果、一般の部の金賞・経済産業大臣賞に輝いたのは、東北ブロック・新潟県電気工事工業組合代表選手の小嶋一彦さん(本間電機工業㈱:三条支部)。小嶋一彦さんには、「JAPAN e SKILL CHAMPION」の称号が贈られました。また、女性の部最優秀賞・国土交通大臣賞には髙(こう)奈津美さん(九州電設㈱・熊本県)が選ばれ『JAPAN e SKILL LADY’S CHAMPION』の称号が贈られ、高校生の部最優秀賞・文部科学大臣賞には新(にっぱし)翼さん(県立玉造工業高校・茨城県)が選ばれ『JAPAN e SKILL JUNIOUR CHAMPION』の称号が贈られました。その他、一般の部では銀賞2名、銅賞3名、安全作業大賞を1名が受賞しました。

 

H30.11.30 kyougi1

東北ブロック・新潟県電気工事工業組合代表として出場した小嶋一彦選手

 

H30.11.30 kyougi2

金賞・経済産業大臣賞を受賞し、チャンピオンフラッグを手にする小嶋一彦選手

 

H30.11.30 kyougi3

一般の部、女性の部、高校生の部の各賞受賞者と大会役員にて記念撮影

経営企画推進委員会(山本進委員長)主催事業として、平成30年度「今すべきことセミナー~10年生き抜くために~」を、11月26日(月)に新潟会場:電気工事会館、12月5日(水)に長岡会場:まちなかキャンパス長岡において開催、組合員他より新潟会場20名、長岡会場31名の計51名が受講しました。

本セミナーは、経営者・経営に携わる方を対象にしたセミナーで、講師に㈱パートナーズプロジェクト 代表取締役 髙野 裕をお迎えし、社長の仕事や、10年先の会社の未来を見据え事業を継続させるために「今すべきこと」について、高野講師の豊富な経験を踏まえてお話いただきました。

IMG_0227 IMG_0145

                        髙野講師                                                           長岡会場風景

受講後に回答頂いたアンケートでは、受講生から「社長の仕事を再確認出来た。」、「経営者としての心構え、仕組み作りを教えて頂きました。」、「髙野さんの話しにとても引きこまれ、あっという間のセミナーでした。とても面白かったです。」等、多くの受講者から好評の感想を頂きました。

また、長岡会場のセミナー終了後には交流会を開催。高野講師にもご出席いただき、参加者同士大いに親交を深めました。

経営企画推進委員会では今後も人材育成に関するセミナーを開催していく予定ですので、ご参加いただけますようお願い申し上げます。

20181019135602_00001新潟県電気工事工業組合は平成30年度に創立70周年を迎え、この度、創立70周年記念事業の一環として「創立70周年記念誌 ~社会のニーズに応えつづける 和と力~」を発刊いたしました。

当組合では、昭和53年の創立30周年時、平成10年の創立50周年時にそれぞれ記念誌を発刊しており、今回の創立70周年記念誌は過去2冊の記念誌との継続性を持たせ、創立50周年以降の平成10年度~平成30年8月までの約20年間の組合の歴史と事業を中心に記録としてまとめ、また、組合活動の起点となる13支部の紹介ページにも重点を置き編纂いたしました。

本記念誌刊行に際し、ご協力をいただきました皆様方に深く感謝申し上げます。また、先般6月開催の創立70周年記念式典、創立70周年記念誌発刊等、一連の創立70周年記念事業にご協賛をいただきました団体・企業様に厚く御礼申し上げます。

 

【新潟県電気工事工業組合 創立70周年記念事業協賛団体・企業様】(順不同・敬称略)

アイホン㈱ 新潟営業所
アオキ電機㈱
ANAクラウンプラザホテル新潟
磯部電機工業㈱
岩崎電気㈱ 信越営業所
エイチツー・エンジニアリング㈱
㈱遠藤照明 新潟営業所
オーデリック㈱ 新潟営業所
岡田電気産業㈱
オリックス自動車㈱ リース営業本部新潟支店
かがつう㈱
北日本電材㈱
北日本電線㈱ 新潟支社
久住電気㈱
KDK 久保誠電気興業㈱
㈱桑野製作所
光昭㈱
㈱コロナ
㈱ジェスクホリウチ 新潟支店
昭和電機産業㈱
㈲シンクエンジニアリング
㈱ソーワ
損害保険ジャパン日本興亜㈱ 新潟支店
ダイキンHVACソリューション新潟㈱
大光電機㈱ 新潟営業所
㈱大創
㈱ダイヘン 東北支社
DXアンテナ㈱ 新潟営業所
㈱デンセン
テンパール工業㈱ 新潟営業所
東芝電材マーケティング㈱ 新潟支店
東芝保険サービス㈱
東芝ライテック㈱ 東日本支店 信越営業部 新潟営業所
一般財団法人 東北電気保安協会 新潟事業本部
東北七県電気工事業厚生年金基金
㈱富井工業所
㈱中北電機 新潟営業所
㈱ナビック
㈱新潟オービックシステムエンジニアリング
㈱新潟東新電機
㈱ニチフ
日東工業㈱ 新潟営業所
日本安全産業㈱ 東北支店
日本高圧電気㈱
㈱日本ネットワークサポート 東日本本部
ネグロス電工㈱ 新潟営業所
パナソニック㈱エコソリューションズ社 新潟電材営業所
萬代電業㈱
東日本興業㈱ 新潟営業所
船山㈱ 新潟支店
㈱別川製作所
㈱北陸電機商会
マスプロ電工㈱ 新潟営業所
丸新電機照明㈱
三浦電機㈱
三菱電機住環境システムズ㈱ 関越支社 新潟支店
ミツワ電機㈱ 新潟営業所
未来工業㈱ 新潟営業所
㈲ラプラス
和同情報システム㈱

引込線事業委員会主催の東北電力引込線工事作業訓練を平成30年6月13日(水)~14日(木)、6月26日(火)~28日(木)に開催、延べ112名の方よりご参加いただきました。

本訓練は、まったく電柱の昇り降りを経験したことがない方のために、昇降柱のみを重点的に行い一定のレベルに達する事を目的にした「昇降柱訓練」、また、引込線作業を行ったことが無い方のために、柱上訓練を中心にDV線の張上げをおこなう技能の習得を目指すことを目的にした「基礎訓練」の2つに分けて実施しております。

 

まず、6月13日(水)~14日(木)にかけて、新潟支部訓練施設(三浦電機㈱東港工場構内)において「昇降柱訓練」を開催、54名の方に参加いただきました。

昇降柱訓練は、受講者を2~3名の班に分け、各班をインストラクター専門部会の皆様に指導していただく形で実施し、また訓練途中には「梯子の取扱い」方法についての実演指導も行いました。

1日かけて昇柱動作を繰り返し行っていただくことで、訓練の最後にはしっかりとした動作が身についていました。

clip_image002 clip_image004

6月26日(火)~28(木)にかけて「基礎訓練」を開催、48名の方に受講頂きました。

初日の午前、電気工事会館において座学を実施、今年度新たに改定を行いました「標準作業マニュアル」をテキストとして、道具及び作業前の点検、家屋側及び電柱側の引込線工事の作業方法等を学んで頂きました。また午後には、スマートメーターの取付け実技訓練を実施して頂きました。

2日目、3日目は、新潟支部訓練施設(三浦電機㈱東港工場構内)において、実技訓練を実施いたしました。

両日、あいにくの雨風の悪条件での訓練となりましたが、受講生の皆様は熱心に訓練に取り組み、技能の習得に努めていました。

clip_image006 clip_image008

受講生の皆さま大変お疲れ様でした。訓練で習得した技術を日々の作業に生かして頂き、会社の大きな力となるよう頑張ってください。皆さま方のご活躍を期待しております。

また、受講生をご指導いただきましたインストラクター専門部会の皆様、大変ありがとうございました。

6月23日(土)に恒例の青年部支部間交流親善スポーツ大会が新潟市の

「亀田総合体育館」にて開催されました。

20180623

今年度は新潟支部青年部が主管となり、全県下13支部から115名の青年部会員が集結

しました。開会式では、県青年部の齊藤会長、地元新潟支部の斎藤支部長よりご挨拶を

いただき、昨年度の小千谷・十日町大会で優勝した新潟チームよりトロフィーが返還されました。

会長支部長

返還

全員でラジオ体操を行い全11チーム(村上・十日町、小千谷・佐渡は

合同チーム)による予選を行いました。

決勝まで勝ち残ったのは新潟支部と新津支部。(常連です。)

結果は新津支部が優勝!

6新津

準優勝は、新潟支部青年部。

3新潟

今回は3位決定戦が行われ、「村上・十日町合同チーム」が第3位でした。

4村上・十日町

熱戦の後は、ANAクラウンプラザホテル新潟に場所を移して会員交流会が開催され、

100名近く参加しました。

 

21

途中、優勝した新津支部青年部にトロフィーが授与されました。

21表彰式

青年部会員が一堂に会する年に一度のこの行事で、今年も多くの仲間と交流を

深め、大いに盛り上がりました。次回も楽しみですね!

 

フェイスブックにも掲載中!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
↓↓新潟県工組青年部公式フェイスブック♪♪
https://www.facebook.com/NDKKseinenbu/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(本部事務局)

経営企画推進委員会(山本進委員長)主催事業として、平成30年度「電気工事士現場力レベルアップセミナー」が、4月17日に長岡会場:長岡新産管理センター、4月18日に新潟会場:新潟テルサにおいて開催されました。本セミナーは、電気工事士の方を対象にしたセミナーで、旧名称(電気工事士キャリアアップセミナー)からの開催を含め、今回が7回目の開催となりました。

組合員各社より長岡会場36名、新潟会場19名の計55名が受講しました。

講師には、埼玉県川越市の「SEEDO」代表 関根康明様をお迎えし、両会場とも午前中は「現場力を養う」、「現場の知識」、午後からは「キャリアアップの方法」、「工事士は現場の営業マン」、「安全管理のすすめ方」、「工事写真に学ぶ」、「これからどうなる!電気工事業」をテーマに、関根講師の豊富な知識とご経験を基に幅広く体系的にご講義をいただきました。セミナーでは関根講師から受講者への質問も交えながら、現場の知識や今後のキャリアアップやスキルアップのための心構え、安全管理の手法等の現場力を高める知識をわかりやすくご説明いただきました。

DSCN7953  DSCN7931

受講後に回答頂いたアンケートでは、受講生から、「経験と実績のある人の話はとても参考になりました。」、「具体例が多く、今後の仕事に活かせる話が多かった。」、「施工管理者、作業員など複数の観点からの講義で良かった。」等、多くの受講生からご講評の感想を頂きました。

経営企画推進委員会では今後も人材育成に関するセミナーを多数開催していく予定ですので、ご参加いただけますようお願い申し上げます。

平成30年3月8日(木)、経営企画推進委員会(山本委員長)事業の一環として「電気工事業活性化懇談会(旧名称:製・販・工懇談会)」がホテルイタリア軒において開催、今年度は当工組から三役・各事業委員長・経営企画推進委員・青年部副会長・各支部経営委員長・事務局の26名、新潟県電設資材卸業協同組合から川上理事長をはじめ8名、懇談会聴講者として当工組組合員2名の計36名が出席しました。

 

はじめに、当工組小林理事長より開会挨拶、山本経営企画推進委員長より懇談会開催の趣旨説明を行った後、パネルディスカッションに移りました。

clip_image002 clip_image004

               挨拶する小林理事長                          趣旨説明する山本委員長

clip_image006 clip_image008

                  進行役横山副委員長                           パネリストの皆様

パネルディスカッションは、当工組の横山経営企画推進副委員長が進行役となり、パネリストには、新潟県電設資材卸業協同組合から川上理事長、石見副理事長、吉井理事の3名、当工組から経営企画推進委員会の山本委員長、中務副委員長、小越委員と久保田青年部副会長の4名の計7名の方に勤めていただき『販と工で共に生きるためには~インターネット販売とどう向きあうか~』をテーマとして、家電製品や電設資材がインターネット販売されていることに対する向き合いかた、販・工が共存共栄するための方法等について議論を取り交わしました。

最後に、卸組合川上理事長より閉会挨拶が行われ、平成29年度「電気工事業活性化懇談会」は盛会裏に終了しました。

clip_image010 clip_image012

                      会場風景                                    挨拶する川上理事長

 

パネリスト以外の出席者から発言してもらう機会も多く、出席者より様々な意見が上がり、大変有意義な懇談会となりました。

平成30年2月15日(木)長岡会場(長岡市中央公民館)・平成30年2月16日(金)新潟会場(デンカビッグスワンスタジアム)において、技術委員会主催の「これからの現場管理者のための必携セミナー」を開催しました。

027

講師には、全国各地で会社単位・組合等でスキルアップ講座や、資格取得支援授業等を実施されいる、埼玉県川越市のSEEDO代表 関根康明様をお迎えし、両会場で63名(長岡会場34名・新潟会場29名)の受講をいただきました。

 

受講対象者は、現在現場管理に携わる者。また、現場管理に携わる予定の者(保有資格の制限は特に設けない)を対象に「建設業と現場代理人」、「施工計画」、「工程管理」、「品質管理・資材管理」、「安全管理」のカリキュラム(9:30~16:30)を一日かけて関根講師の現場でのご経験を基にご講義をいただきました。

 

DSCN7375

「工程管理」では、アロー形ネットワーク等の作成手順や作成時のポイント、その他にも品質管理の手法・プロセス管理と検査・資材管理・廃棄物の処理や現場写真の撮影ポイントについて、また各項目ごとに受講生への質問も交えながらご講義をいただきました。

 

DSCN7370

 

受講者からは、「普段聞けない公共工事での注意事項や点数を上げるポイント等は大変参考になった」、「今後の施工管理の試験を受験するにあたっても非常にためになった」、「現場管理者等の業務に従事したことがなかったが、セミナーを通して基礎的な部分から説明いただき勉強になった」、「今回で2回目の受講だったが、前回と違う内容を聞くことが出来たので参考になった」等の好評をいただきました。

 

技術委員会では、組合員各事業所が知識・技能の円滑な継承が行えるようなセミナーを開催する予定でおりますので、是非ご参加いただけますようお願い申し上げます。

平成30年2月8日(木)、「ANAクラウンプラザホテル新潟」において、関係者88名のご参加のもと第6回安全大会を開催いたしました。

当日は、1部「安全大会」、2部「講話」の2部構成のプログラムで行いました。

image image

1部「安全大会」は、原田引込線事業委員長の「開会宣言」により開幕。続けて、インストラクター専門部会代表4名による「大会旗入場」の後、村田部会長の発声により、大会スローガン『快適な職場に響く合言葉「健康・安全・ゼロ災害」』を参加者全員で唱和しました。

その後、小林理事長より開会挨拶をいただき、東北電力株式会社 新潟支店 副支店長 電力ネットワーク本部長 氏家 浩明 様、並びに建設業労働災害防止協会新潟県支部 専務理事 関川 美秋 様よりご挨拶を賜りました。

image image

続けて、引込線会社3社への表彰式を執り行いました。

 

【安全スローガン表彰】次年度引込線事業部で利用する安全スローガンを作成した会社を表彰

                          20点の応募作品の中より下記作品に決定。

 

       表彰会社:長岡支部 引込電設工業株式会社

       安全スローガン:「慣れた作業に忍びよる 危険を予知して 事故防止」

 

  【引込線会社表彰】インストラクター専門部会による安全パトロールにおいて

                          他の模範なるような会社の表彰

 

       表彰会社:上越支部 株式会社セフティ上越

          活線用シートクリップに色別テープを巻くことにより単にシートを固定するだけでなく、

          相標識(そうひょうしき)の機能も兼ね備え、作業ミスの低減、また作業効率を

          上げる創意工夫をしていた。

 

       表彰会社:魚沼支部 株式会社セーフティシステム

          復命復唱、一指示一動作、作業責任者を中心とした安全作業を実施していた。

 

 

image image

image

事例発表として、長岡支部の引込電設工業(株)と佐渡支部の(有)セフティワーク佐渡の2社より「私達の安全活動」についての発表、またインストラクター専門部会 村田部会長より「安全衛生基本計画推進状況」と題し、今年度の県本部の安全活動について報告を行って頂きました。

最後に、参加者代表として、引込線会社連絡協議会の荻荘会長が安全の誓いを読み上げ、1部を終了いたしました。

image image

休憩をはさみ2部の講話は、東北電力株式会社 新潟支店 副支店長 兼電力ネットワーク本部配電部長 橋浦 嘉昭 様より、「電力自由化の動向と東北電力の組織整備の概要」という演題でご講演を頂きました。

image

最後に、横田副理事長の「閉会挨拶」で安全大会を閉会しました。

今回、開催にあたりご協力を頂きました、インストラクター専門部会の皆様方、並びに発表いただいた皆様方、大変ありがとうございました。

ご参加頂きました皆様方、大変ありがとうございました。

今後も無事故、無災害を目指し、日々の安全作業をよろしくお願いいたします。

平成29年11月28日(火)、新潟テルサにおいて、経営企画推進委員会(山本進委員長)主催の平成29年度「若手社員グローアップセミナー」を開催し、11名の方に受講いただきました。

本セミナーは、入社3年目位迄の若手社員の方を対象としたセミナーで、入社後のこれまでのキャリアや身についた事の振り返りと、今後のキャリアプランを考えると共に目標設定を行うこと目的としたフォローアップ研修になります。

講師には、これまで多くの社員研修、ビジネス研修の講師をされております、㈱マナーズ 代表取締役 山田 節子様に勤めていただきました。

clip_image002 clip_image004

当日は、経営企画推進委員会の山本進委員長より開会挨拶が行われ後、セミナーをスタート、午前中は「これからの時代のキャリア形成」、「自己分析」をテーマに、キャリア形成の方法を学んでいただき、また入社後のこれまでの仕事内容、形成したキャリアについての棚卸を行い、自分自身を振り返っていただきました。

午後は、「キャリアパスモデルと組織の期待」、「目標設定」、「職場の人間関係とキャリア」をテーマに、これからの目標設定を行っていただき、各受講生より、目標等を発表していただきました。

clip_image006 clip_image008

目標設定の作業では、「入社後どんな点が成長したのか」「今後どのようなことを期待しているのか」等を記載した社長・上司からの手紙により、周囲からの期待、また先輩社員との座談会を通じて、これまでの経験、成功・失敗体験談や、先輩社員のキャリアモデルを参考にして作成していただきました。

最後に、経営企画推進委員会の中務 浩 副委員長の閉会挨拶でセミナーを終了いたしました。

clip_image010 clip_image012

終了後、受講生にご回答頂いたアンケートでは、「自分のこれからのモチベーションや今後どのようにしていきたいかが明確になった。」、「他人からの評価や期待が知ることができてこれからの仕事に対するモチベーションが上がった。」、「先輩社員の座談会で失敗の話を聞けたのは良かった。」等、受講生から多くのご好評の感想を頂くことができました。

 

受講された皆様方、大変お疲れ様でした。このセミナーで設定した目標達成と、今後の更なるご活躍をお祈りいたします。

また、今回のセミナー開催にあたりましてご協力をいただきました、山田講師をはじめ、受講生への手紙を書いていただきました受講生の社長・上司の皆様、また座談会にご出席いただきました先輩社員の皆様、誠にありがとうございました。

 

経営企画推進委員会では今後も人材育成に関するセミナーを開催していく予定ですので、是非ご参加いただけますようお願い申し上げます。

経営企画推進委員会(山本進委員長)では、10月3日(火)に新潟テルサにおいて、平成29年度「相続・事業承継研究セミナー」を開催いたしました。

本セミナーは、相続並びに事業承継をお考えの方を対象としたセミナーで、組合員各社より10名の方から受講をいただきました。

講師には、あすか中央税理士法人 株式会社江口経営センターの 税理士 新部 隆史様をお迎えし、相続の基礎知識、又相続並びに事業承継の具体的事例を紹介しながら、分かりやすくご説明をいただきました。

clip_image002

受講後、受講者にご回答いただいたアンケートでは、「相続に対する考えが早急に考える時期で勉強になった。」等、受講者から大変ご好評の感想を頂きました。

clip_image002[4]

経営企画推進委員会では今後とも人材育成に関するセミナーを多数開催していく予定ですので、ご参加いただけますようお願い申し上げます。

先般、本ブログにてご案内いたしました、平成29年度「新潟県家庭用太陽光発電導入促進事業補助金」につきまして、当初の募集締切日は7月末日迄でしたが、この度、募集期間を延長し、平成29年11月30日必着迄となりました。

本補助金制度は、昨年度同様、①システムの設置に係る補助、②販売促進活動に係る補助の2種類となります。
募集は補助金専用ホームページ等を通じ、補助金交付団体の新潟県電気工事工業組合宛郵送のみにて受け付けています。
下記補助金専用ホームページに、より詳細なご案内、申請方法、各種申請書類等が掲載されておりますので、補助金の活用につきまして是非ご検討くださいますようご案内申し上げます。

【新潟県家庭用太陽光発電導入促進事業補助金専用HP】

http://www.chuokai-niigata.or.jp/ndkk/solar-hojo/

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

kaikan.jpg

新潟県電気工事工業組合
〒951-8068 
新潟市中央区上大川前通6-1203
TEL:(025)229-4101
FAX:(025)223-7321
新潟県電気工事工業組合HP

新潟電気安全サービスHP