新潟県電気工事工業組合のブログへようこそ!

『第3回電気工事技能競技全国大会 金賞・経済産業大臣賞受賞』

全日本電気工事業工業組合連合会主催の第3回電気工事技能競技全国大会(以下、全国大会)が平成30年11月30日(金)、東京・両国国技館で開催されました。
大会テーマに『目指せ頂点 燃やせ熱き魂 競え極限の技』を掲げ、経済産業省、国土交通省、文部科学省、(公社)全国工業高等学校長協会後援のもと、電気工事業界全体の更なるレベルアップを図るとともに業界の存在を広くアピールしました。

 

今大会は、一般の部30名、女性の部5名、さらに全国工業高等学校長協会各ブロックから1名ずつ計9名の高校生による総勢44名が頂点を目指して競技に臨みました。
競技は、前日に実施された学科競技(非公開)と当日実施された技能競技(実技)の総合点で行われました。
技能競技は、選手1名が課題に基づき競技パネル(幅1820mm×高1820mm)に屋内配線を想定し、100V並びに200V工事で金属配管工事、合成樹脂管工事(LAN・電話配線工事・住宅警報器工事)を制限時間内(一般180分・女性150分・高校生120分)に施工するというもの。

 

学科競技と技能競技も含めた審査の結果、一般の部の金賞・経済産業大臣賞に輝いたのは、東北ブロック・新潟県電気工事工業組合代表選手の小嶋一彦さん(本間電機工業㈱:三条支部)。小嶋一彦さんには、「JAPAN e SKILL CHAMPION」の称号が贈られました。また、女性の部最優秀賞・国土交通大臣賞には髙(こう)奈津美さん(九州電設㈱・熊本県)が選ばれ『JAPAN e SKILL LADY’S CHAMPION』の称号が贈られ、高校生の部最優秀賞・文部科学大臣賞には新(にっぱし)翼さん(県立玉造工業高校・茨城県)が選ばれ『JAPAN e SKILL JUNIOUR CHAMPION』の称号が贈られました。その他、一般の部では銀賞2名、銅賞3名、安全作業大賞を1名が受賞しました。

 

H30.11.30 kyougi1

東北ブロック・新潟県電気工事工業組合代表として出場した小嶋一彦選手

 

H30.11.30 kyougi2

金賞・経済産業大臣賞を受賞し、チャンピオンフラッグを手にする小嶋一彦選手

 

H30.11.30 kyougi3

一般の部、女性の部、高校生の部の各賞受賞者と大会役員にて記念撮影

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

kaikan.jpg

新潟県電気工事工業組合
〒951-8068 
新潟市中央区上大川前通6-1203
TEL:(025)229-4101
FAX:(025)223-7321
新潟県電気工事工業組合HP

新潟電気安全サービスHP